円型水路協会
全国の ニーズを集め「快適な環境をつくる」技術者集団です。
円型水路協会は、円型水路(コンクリート製品)を造る全国のメーカー集団です。
contents
協会概要
製品紹介
 統一型円型水路
 スーパー側溝
 おりんさん
 連結用ジョイントピン

会員社一覧
お問い合わせ
サイトマップ
ダウンロード
施工例
03-5297-3071
FAX:03-5297-3072
 事務局
 〒101-0044
 東京都千代田区鍛冶町1-6-15
 井門神田駅前ビル5F
 ケイコン(株)東日本支店内
 円型水路協会
info@enkeisuiro.info
製品概要 製品種類 施工実績 ユーザー情報
統一型円型水路とは 標準タイプ|横断用|縦断用|都市型
バリアフリー対応型|排水性舗装対応型 据付方法
統一型円型水路

   据付方法

●ジョイントピンを使用しての施工方法
製品の据付の準備
  • 丁張り及び敷きモルタルの用意が出来ればクレーンにて所定の位置に製品をセットする。
  • クレーンは、位置の微調整が充分に行ない得る様吊り上げ能力の大きな方がよい。
  • 標準としては製品重量の3倍以上を使用するものとする。
    又、足場の状態により使用重機の種類を選定すること。
  • 製品の吊り上げ方法は、専用の吊り上げ冶具を用いて行うのが安全且つ効率的である。
●コンクリート製品据付は、下記の要領で行ってください。
  1. 第1個目を専用吊り上げ冶具を用いて正確に所定の位置に据付る。
  2. 第1個目の連結用ピン穴に連結用ピンを奥まで確実に差し込む。
    連結用ピンが奥まで確実に差し込まれていないと連結時にコンクリート製品本体に破損を招く恐れがあると共に確実な連結を妨げることとなる。
  3. 製品には連結部分側に計6個の連結用ピン穴が設けてあるが、接合条件に合わせて連結用ピンの差込位置を変更することにより対応が可能である。
    製品の連結部分側に6個の連結用ピン穴が設けてあるが、この内4個の連結用ピン穴にピンをセットし据付る。接合条件と連結用ピン穴の使い分けについては、(図参照)
    連結面に対して垂直に設けてある連結用ピン穴(製品の底版部分)は常時使用する。
  4. クレーンにより2個目の製品を吊り上げ、1個目に差し込んだ上部連結ピンに2個目の上部連結用ピン穴を差込み徐々に2個目を降ろし2個目を据付る。
  5. 2個目の据付が終われば、3個目から最後まで2個目と同様に据付を順次行う
従来の接続方式とは違い、金具やボルトを使用しないので、施工の効率アップにつながります。
連結用ピン穴位置 据え付け方法略図
連結用ピン穴位置 据え付け方法略図

HOMEに戻るページの先頭に戻る
HOME協会概要製品紹介「円型水路(円形側溝)」会員社一覧お問い合わせサイトマップ
copyright 2006 ENKEI SUIRO ASSOCIATION All Rights Reserved.